トップ
TOP
入学・登録案内
トップ学習の仕方働きながら学ぶ

働きながら学ぶ

現在東京未来大学の通信教育課程には多くの社会人学生が在籍しています。限られた時間の中で、効率よく目標を達成するため、働く人にとって学びやすい環境が揃っています。働きながらでも学ぶことができる東京未来大学独自のポイントをご紹介いたします。

約8割が仕事をしながらが鵜k集をしています

働きながら学べるポイント

ポイント1

無理なく行える年8回のスクーリング授業
自宅学習では理解が難しい科目や実践的な技術を習得する科目については、スクーリングを実施しています。お仕事や家事・育児等で忙しい方でも出席しやすいように、年に8日程開講しています。自身のスケジュールに合わせて無理なく受講することが可能です。

ポイント2

着実に単位を修得できる2セメスター・8ターム制
1年を2セメスター(春学期・秋学期)に分け、それぞれを4タームに分割したのが、2セメスター・8ターム制です。各ターム(約1カ月)最大2科目を履修するため、従来の通信教育と比べて短期間に集中して学習できます。

ポイント3

自宅にいながら仲間とともに学ぶe-ラーニングシステム
パソコンやモバイルサイトよりアクセスすることで、コース情報(シラバス)を確認して学習を進めたり、Web受験等ができるe-ラーニングシステム。
掲示板で質疑応答や、ともに学ぶ仲間たちとの情報交換もできるので、様々な年齢や、職種の方とのやりとりを通して広い視野を持つことが出来ます。

働きながら学ぶ在学生の声

仕事をしながら東京未来大学での学びを両立している在学生の声を集めました。

一般企業で働きながら学ぶ在学生

小学校教諭を目指し隙間時聞に勉強。
働きながら学べる制度が揃っています。


藤川 雅文 さん
[こども心理学部/正科生(3年次編入学)小学校教諭一種免許コース]

千葉県在住。大学では、悩みなどを率直に相談できる似たような境遇の学生も多く、「スクーリングの後はいつも交涜会を聞くほど」と語る藤川さん。金融機関という畑違いながら、「仕事で培ってきた経験は必ず活かせると信じて、長年の夢だった小学校教諭一種免許状の取得を目指しています」。

藤川雅文さん

私にとって小学校の先生になることは、日々忙しい金融機関での仕事の合間に、時折心に浮かぶぼんやりとした夢でした。しかし、30代を超えた頃にインターネットで東京未来大学の存在を知り、「この大学なら働きながら夢を叶えられるかもしれない」と思ったのです。心が動いたのは、インターネットで試験などが受けられる「e-ラ一二ングシステム」です。平日は遅くまで仕事があり、休日は家族と過ごす時間に充てている私にとって、隙間時間を有効に活かせるシステムは自分の学習スタイルを確立できるとても魅力的なものでした。また入学後は、心配なことを気軽に質問できるキャンパスアドバイザー制度など体制が整っていることも安心です。さらにスクーリングでは、実際の現場で活躍してこられた教授の声を聞けることがとても有意義ですね。最終的には「自分の気持ちをいかに切らさないか」が大切ですが、この大学にはそんな気持ちを大切に応援してくれる教員や職員の方々、そしてかけがえのない友人があなたを待っているはずです。

英語講師として働きながら学ぶ在学生

東京未来大学は「私の出発地点」。
幼児教育のプロを目指しています。


渡辺 愛 さん
[こども心理学部/正科生(3年次編入学)幼稚園教諭一種免許コース]

岐阜県在住。東京未来大学は、自分にとっての「出発地点」と語る渡辺さん。勉強しやすい環境の中で多くの教員や友達と出会い、物事の考え方や人生観までもが変わったという。現在は夕方まで働き、それ以外の時聞を勉強に充てる日々。「今後も夢に向かって常に学び続けたいです」。

渡辺愛さん

アメリカに6年間在住して働いていましたが、現在は帰国して英語講師として働いています。東京未来大学で学ぶことを決めたのは、他校に比べて単位修得率や卒業率が高く、短期間で目標達成できそうなことが魅力的だったからです。また幼児期は人格形成の基礎を担う時期ですが、言語や音楽の能力を高めるのもこの時期と知り、その大切な時期に子どもの可能性を広げられる存在になりたいと考えました。ただ入学前は1人でコツコツ勉強しよう......」と思っていたのですが、入学して驚いたのがスクーリングの充実度でした。本当に素晴らしい先生方ばかりで、「あの先生に会えて良かった」と思う体験を何度もしました。授業やグループワークの楽しさにも夢中になり、特に『子ども教育課程論』や『子ども美術』には感銘を受けました。数多くの友人とも出会うことができ、入学後に様々な体験をする中で世界観も広がりましたね。今後は大学で学んだことと語学のスキルを活かし、海外の幼稚園も視野に入れながら「幼児教育のプ口」を目指そうと考えています。

経営者として働きながら学ぶ在学生

「やる気」を体系的に学べる唯一の場。
仕事に直結したカリキュラムが魅力です。


岡田 豊 さん
[モチベーション行動科学部/正科生(3年次編入学)]

愛知県在住。「自分自身が今後生きていく上でも、やる気や動機づけのカが必要と感じていた」と語る岡田さん。若い頃の学生経験を活かせるのか不安な面もありましたが、その時に習得した自分の知識を信じて、3年次編入学で学びを始めています。

岡田豊さん

自身が経営するパソコンスクールで、インストラクターとしての指導力を向上させるために学習の場を探していました。パソコンスキルの場合、教える内容はある程度決まっていますので、それよりもあらゆる年齢層から成る様々なタイプの生徒さんに対して、どのように「動機づけ」を行い「やる気」を出してもらうかといった「教え方」がとても大切です。そのため、自分の学びたいことがほとんどカリキュラムとして網羅されたモチベーション行動科学部に出会った時は、正直「これはすごい」と思いましたね。コミュニケーションの心理学、行動科学、コーチング、モチベーション・マネジメントなど、自分の仕事に直結するテーマを学問として体系的に学べることはとても魅力的でした。しかも、経営戦略やマーケティングといった自身の経営にまで活かせる経営科目群も学べると知り、吸い寄せられるように入学を決めました。教科書やe-ラーニングシステム等が充実していますので、現在は無理をすることなく、働きながら着実に学ぶことができています。

臨床美術士*として働きながら学ぶ在学生

自身のモチベーシヨンを深く追及。
キャンパスアドバイザー制度にも好感!


山田 真奈美 さん
[モチベーション行動科学部/正科生(3年次編入学)]

千葉県在住。モチベーションという言葉はよく使われるが、そのメカニズムについてはよく知らないということに気づいたと語る山田さん。「心理学をより多角的に学び、モチベーションについて深く理解したい」と、持ち前の旺盛な好奇心を発揮しながら、正科生として学んでいます。

山田真奈美さん

独自のアートプログラムに沿って独創的な活動を行うことで、脳機能の活性化を施すことを目的とした臨床美術※を実施しています。その実施にあたる臨床美術士※として、子どもたちや高齢者のモチベーションを高めて維持していく効果的な方法を模索していました。また、私はすでに他大学の通信教育課程を2学科卒業しましたが、それらの学びのモチベーションに一体どのような働きがあったのか、体系的に追及したい思いもあり入学を決めました。当初は「公認モチベーション・マネジャー」資格を取得すべく科目等履修生を考えていましたが、カリキュラムを見ると、コミュニケーション・スキルからリーダーシップ、マネジメントまで実に幅広い科目があり、全て受講したいくらい興味が湧きました。キャンパスアドバイザー制度は特に志望理由の一つではなかったのですが、入学するとちょっとした質問にも丁寧に対応してくれることが心強く、とても好感を持っています。スクーリングも比較的少人数で目が行き届いている感じがあり、嬉しい驚きがたくさんあります。現在は学位を取得することを目指し、毎日楽しく学んでいます。

*「臨床美術」及び「臨床美術士」は、日本における株式会社芸術造形研究所の登録商法です。

在学生の一日

こども心理学部(佐野さん:3年次編入学 認定心理士コース)の場合

空き時間集中型

 
6:00~3:00~8:00
学習(5h)
睡眠睡眠睡眠睡眠睡眠睡眠
家事
9:00~睡眠家事PV9:00家事9:00家事
学習1h10:00家事仕事学習1h10:00家事
12:00~PV or 学習仕事学習5hPV or 学習仕事仕事
15:00~
18:00~PV/仕事
21:00~学習2hPV/仕事
PV
24:00~仕事PV学習2hPVPVPV/睡眠
学習1h学習1h学習1h学習2h/仕事学習1h/仕事
 3:00~睡眠2:00~睡眠2:00~睡眠2:00~睡眠3:00~睡眠4:00~睡眠3:00~学習
*PV…プライベート

モチベーション行動科学部(黒田さん:1年次入学)の場合

夜型

 
6:00~睡眠
学習30minPV学習3h
9:00~仕事
12:00~PV
15:00~
18:00~学習4.5h
21:00~
NPO学習3h学習3h学習3hPV睡眠
24:00~
睡眠

モチベーション行動科学学部(長澤さん:3年次編入学)の場合

麻+土日集中型

 
6:00~学習1hPV
仕事
9:00~学習3h
12:00~PV
15:00~
18:00~
21:00~仕事/PV仕事/PV学習2h
PVPV
24:00~睡眠

〒120-0023 東京都足立区千住曙町34-12
お問い合わせ:03-5813-2530
(月~金9:00~18:00)

twitter

facebook

youtube

qr

東京未来大学は、日本高等教育評価機構が定める大学評価基準に適合していると認定されました

Copyright © Tokyomirai. All rights reserved.

to-top