トップ
TOP
入学・登録案内
トップ学部案内こども心理学部こども心理学部TOP

こども心理学部

子どもの繊細な心を深く見つめ、その成長を手助けする。

こども心理学部は、心の発達と知的発達のメカニズムを理解したうえで、科学としての心理学を学び、子どもの発達を手助けできる「こころの専門家」を育てる学部です。乳幼児・児童期を中心とした子どもたちに焦点をあて、それぞれの視点から子どもの心身の特徴を理解・把握していくことを第一に授業を展開していきます。

こども心理学部の目的

日本の未来を担う子どもの豊かな成長を、家庭、学校、地域社会、および、それらをとりまく文化との相互関係という視点から捉え、単に知識や技能を習得するのとどまらず、人間性を高める教育を併せて展開することにより、真に社会に役立つ人材を育成する。

学びの特長

特徴1

「こころの専門家」として心理・教育分野のほか企業や地域で
活かせる力と資格を取得することができます。

 
こども心理学部では、カウンセラーや教員をはじめ子どもの心理に精通した専門家として、心理・教育系分野で活かせる力を養います。
加えて、企業や地域社会の子どもに関する領域でも活躍できる力と、多彩な資格や教員免許状を取得することができます。

学びの特長

取得できる力
・子どもたちを幸せにするビジネス力
・教育現場で役立つ解決力
・地域の役に立つ子育て力
・発達障害のある子どもを理解する力
・子どもたちを危機から守る力
・資格を活かした専門力

将来の活躍場所
心理系分野
 ・カウンセラー
 ・児童相談所
 ・家庭児童相談員
 ・青少年センター等
教育系分野
 ・小学校
 ・幼稚園
 ・児童福祉施設
 ・託児所 等
*学びのスタイルによって取得できる資格が異なります。

特徴2

学びと実践を循環させる「科学者-実践家モデル」
 
「科学者-実践家モデル」とは、もともと実践と研究の両面を重んじる臨床心理学の教育モデルで、単に教えられた実務をこなせるだけではなく、科学者としての思考と手法を駆使して自分で考えながら問題を解決していける人材を育成することが重要、ということを示唆しています。「科学者」というのは自立的に研究を進められる人材を意味し、「実践家」というのは、研究結果の応用を通して社会貢献できる人材を意味しています。本学が 養成する人材像もこれと重なり合います。学問の追究をそれで終わらせることなく、社会の諸問題を解決する実学まで高めていく。この姿勢こそ「こども心理学」の使命だと考えます。

こども心理学部学部長 出口保行

越川敦さん

学びを教育の現場で実践しながら活かせました。
東京未来大学に入学し私自身最も変化したことは、こどもの心理を学んだことで「自分の判断の基準」ができたことです。注意をする前にその子の前後の行動を注意深く観察し、本当の理由を探りながら確信をもって指導できるようになりました。

こども心理学部 正科生(3年次編入学) 越川敦さん


特徴3

ニーズや経歴に合わせて選べる3つの学びのスタイル
東京未来大学では、ニーズや経歴に合わせて選べる3つの学びのスタイルを用意しています。取得できる資格や教員免許状、学位は様々なので、自分の活躍するフィールドを想定しながら、それぞれに合った学びのスタイルを選ぶことができます。
 正科生
(1年次入学)
正科生
(3年次編入学)
科目等履修生
修業年限4年(最長10年)2年(最長5年)6ヶ月~
卒業(修了)単位 124単位
[うちスクーリング30単位以上]
124単位
[単位認定(上限60単位)を含む]
最大8科目16単位/6ヶ月
出願資格高等学校または中等教育学校卒業
高等学校卒業程度認定試験合格 等
大学・短期大学・高等専門学校(5年制)卒業
専修学校専門課程卒業 等
高等学校卒業
大学・短期大学卒業 等

〒120-0023 東京都足立区千住曙町34-12
お問い合わせ:03-5813-2530
(月~金9:00~18:00)

twitter

facebook

youtube

qr

東京未来大学は、日本高等教育評価機構が定める大学評価基準に適合していると認定されました

Copyright © Tokyomirai. All rights reserved.

to-top