トップ
TOP
入学・登録案内
トップ学習の仕方eラーニング

eラーニング

eラーニング利用条件

本学のeラーニングは、インターネットをスムーズに利用できるパソコンと通信環境を必要とします。パソコンの性能や通信回線など、下記の条件を参照してください。
(1)推奨OSWindows7以上
Mac OS X 10.7以上

Android 4以上
ios 6以上
(2)対応ブラウザMicrosoft Edge・ Internet Explorer 11以上
Chrome32以上

Safari6以上

※AndroidではChrome、iOSではSafariがサポート
(3)ハードスペック上記(1)、(2)が快適に動作する環境を推奨
画像解像度:1024×768ドット以上
(4)ソフトウェアMicrosoft Word
Microsoft Excel
Adobe Reader最新版
(5)通信回線実効速度700kbps以上(1Mbps以上の回線を推奨)
※ADSL、光回線等のインターネットが快適に利用できる環境を推奨
※インターネット通信を通して、中間試験・単位修得試験を90分程度連続して受験するため、途中で中断されることのない安定した通信環境が必要
(6)その他プリンタ:インクジェットプリンタもしくはレーザープリンタ
その他:CD-ROMドライブ/音声出力
※上記利用条件は、2016年10月時点の情報です。
※セキュリティに関しては自己責任、自己管理でお願いいたします。

本学におけるeラーニングの活用

パソコンやスマートフォンよりアクセスすることで、コース情報(シラバス)を確認して学習を進めたり、Web受験等が可能です。掲示板で質疑応答や、ともに学ぶ仲間たちとの情報交換、成績確認、各種手続きまで学生生活に必要な全ての情報にアクセスできます。

本学におけるe-ラーニングの活用

eラーニングとは

eラーニングとは、パソコンやインターネットなどのICT技術を活用した新しい教育システムです。経済産業省が監修した「eラーニング白書 2007/2008年版」ではeラーニングを次のように定義しています。
eラーニングとは、情報技術によるコミュニケーション・ネットワーク等を活用した主体的な学習である。これは、集合教育を全部または一部を代替する場合、集合教育と組み合わせて利用する場合がある。
コンテンツは学習目的に従って作成・編集され、コンテンツ提供者と学習者、さらに学習者同士の間で、必要に応じてインタラクティブ性が確保されている。このインタラクティブ性とは、学習を効果的に進めていくために、人またはコンピュータから適切なインストラクションが提供されたり、双方向コミュニケーションが実施されたりすることを指す。

「eラーニング白書 2007/2008年版」より
(経済産業省商務情報政策局情報処理進行課編/東京電機大学発行)
eラーニングには、オンライン学習だけで全ての授業を行うものや、一部分集合学習と組み合わせて実施するもの、インターネットライブ放送などを利用して遠隔授業を行うものなど、さまざまな形式があります。

〒120-0023 東京都足立区千住曙町34-12
お問い合わせ:03-5813-2530
(月~金9:00~18:00)

twitter

facebook

youtube

qr

東京未来大学は、日本高等教育評価機構が定める大学評価基準に適合していると認定されました

Copyright © Tokyomirai. All rights reserved.

to-top