トップ
TOP
入学・登録案内
トップ通信教育課程の概要教育概要

教育概要

1.「科学者・実践家モデル」の教育

自分で考えながら問題を解決していける人材を育成

本学がお手本とする教育モデルが「科学者-実践家モデル」です。「科学者-実践家モデル」とは、もともと実践と研究の両面を重んじる臨床心理学の教育モデルで、単に教えられた実務をこなせるだけではなく、科学者としての思考と手法を駆使して自分で考えながら問題を解決していける人材を育成することが重要、ということを示唆しています。

自分で考えながら問題を解決していける人材を育成

「こども心理学」の使命とは

「科学者」というのは自立的に研究を進められる人材を意味し、「実践家」というのは、研究結果の応用を通して社会貢献できる人材を意味しています。本学が養成する人材像もこれと重なり合います。学問の追究をそれで終わらせることなく、社会の諸問題を解決する実学まで高めていく。この姿勢こそ「こども心理学」の使命だと考えます。

2.社会で即戦力として活躍できる人材育成のための教育

一般教育と専門教育の関係を見つめ直しました。

実践的な力を養うカリキュラムとはどのようなものか・・・
本学ではこのテーマを追究し、一般教育と専門教育の関係を見つめ直しました。一般教育は広く教養を身に付ける課程と位置づけられがちです。確かに教養は大切ですが、ポイントになるのはそれが専門性の高い大学においてどれほど意義のあるものなのかという点です。本学の場合はこの点を重視し、あくまで専門教育での学習効果を高める基盤づくりとして一般教育を位置づけています。

一般教育と専門教育の関係を見つめ直しました。

基本から応用まで確かな力を培うことができる

一般教育が独立的に編成されているのではなく、専門教育へのスムーズな導入ルートとして、且つ専門教育をより深化させるステップとして存在しているのです。これによって、一人ひとりの学生が基本から応用まで確かな力を培うことができるため、さまざまな状況において、あるいは時代がめまぐるしく変化しても、柔軟に対応する力が身に付きます。

3.三幸学園の教育コンセプト

「教育=共育」をモットーに指導を実施。

「技能と心の調和」これが学校法人三幸学園の理念です。私たちが教育を行ううえで常に目標としているのは、「単に知識や技術を習得するだけではなく、豊かな人間性も身につけた人材を育成する」ことです。そのため、学生と共に学び、共に成長する姿勢、即ち「教育=共育」をモットーに指導を実施。学生一人ひとりの可能性を掘り起こし、夢の実現を支援しています。この姿勢が明確に示されているのが教員の担う役割です。

「教育=共育」をモットーに指導を実施

充実した学生生活を送ることができるようサポートします。

入学してから就職先へと送り出すまで、教員が一人ひとりと向き合い、その個性と適性を把握し、充実した学生生活を送ることができるよう情熱をもってサポートしています。大学教育においても、この理念と姿勢は変わりません。東京未来大学にもまた三幸学園のゆるぎない”心”が貫かれていきます。

〒120-0023 東京都足立区千住曙町34-12
お問い合わせ:03-5813-2530
(月~金9:00~18:00)

twitter

facebook

youtube

qr

東京未来大学は、日本高等教育評価機構が定める大学評価基準に適合していると認定されました

Copyright © Tokyomirai. All rights reserved.

to-top