トップ
TOP
入学・登録案内

出願書類・出願資格

出願書類

◎印は必ず提出、○印は該当者のみ提出
出願書類様式正科生備考
1年次
入学
3年次
編入学
正科生
入学志願票A
様式1カラー写真(縦4cm・横3cm)・検定料振込受付証明書貼付。
正科生
入学志願票B
様式2『志望理由書』に志望理由(700字以上)等を記入。
健康診断書様式3出願前12ヶ月以内に発行されたもの。
学生証作成台紙様式4カラー写真(縦4cm・横3cm)貼付。
検定料振込受付証明書
(正科生用)
様式5出願検定料(10,000円)を振込み、「検定料振込受付証明書」を入学志願票Aの裏面に貼付。振込の際は、依頼人名の前に希望する学部を示すアルファベットを明記すること≪こども心理学部:C、モチベーション行動科学部:M≫
誓約書様式9出願者の他、身元保証人1名の署名が必要。
受領通知用ハガキ様式10住所・氏名を明記し、52円切手を貼付。
編入学資格証明書
(専修学校専門課程卒業者用)
様式11専修学校専門課程を卒業し、大学3年次編入学資格を有する方。
検定試験等による
単位認定申請書

※正科生で備考欄に該当する方のみ
様式12正科生出願者のうち、検定試験等による単位認定制度に該当する方は、検定試験等の結果を証する書類を添付のうえ出願時に提出。(カリキュラム案内「検定試験等による単位認定制度について」参照)
検定試験等の結果を証する
書類

※正科生で備考欄に該当する方のみ
正科生出願者のうち、検定試験等による単位認定制度に該当する方は、検定試験等の結果を証する書類(合格証明書のコピー等)を様式12に貼付または添付のうえ出願時に提出。(カリキュラム案内「検定試験等による単位認定制度について」参照)
合否発送通知用返信封筒郵便代金580円分(郵便料金140円+特定記録160円+速達料金280円)の切手を貼付し、住所・氏名を記入。
入学資格を
証明する書類
出願前3ヶ月以内に発行されたもの。
※下記出願資格を証明する書類の表をご参照ください。
学力に関する証明書
(教員免許状申請用)
※正科生(3年次編入学)で
備考欄に該当する方のみ
該当者:こども心理学部正科生(3年次編入学)の幼稚園教諭一種免許コースまたは小学校教諭一種免許コースを希望する方で、他校種または同種の教員免許状を保有している場合、単位を修得した大学及び養成学校において発行を受けること。また教員免許状取得のための単位を一部修得している場合にも提出すること。
所有免許状の写し
※正科生(3年次編入学)で
備考欄に該当する方のみ
該当者:こども心理学部正科生(3年次編入学)の幼稚園教諭一種免許コースまたは小学校教諭一種免許コースを希望する方で、既に何らかの免許状を所有する方は、所有免許状をA4判でコピー(裏面がある場合はそちらも)の上、提出すること。
戸籍抄本証明書の氏名と出願時の氏名が異なる場合のみ提出。
住民票日本国籍以外の方。(国籍、在留資格、在留期限が記載されているもの)

出願資格・出願資格を証明する書類

1年次入学

 出願資格出願資格を証明する書類
高等学校または中等教育学校を卒業した者出身学校発行の卒業証明書
又は調査書
高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)合格証明書
高等専門学校(5年制)の3年次を修了した者出身学校発行の修了証明書など入学資格を証明する書類
(必ず事前に通信教育部へご連絡ください)
文部科学大臣の定めるところにより、大学入学に関し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる次のいずれかに該当する者
(1)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、または文部科学大臣が指定した者
(2)文部科学大臣が、高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(3)専修学校の高等課程(修業年限3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たす者に限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(4)文部科学大臣の指定した者
5大学・短期大学を中途退学した者(1)在籍期間証明書
( または在籍期間が記載さ
れている「退学証明書」)
(2)1年次入学資格1~4の該当証明書

※入学資格を証明する書類は、出願前3ヶ月以内に発行されたものをご提出ください。

3年次編入学

 出願資格出願資格を証明する書類
1大学、短期大学、高等専門学校(5年制)を卒業した者
※大学院を修了している者も、大学の卒業証明書と成績証明書を提出してください
①卒業証明書
②成績証明書
(または「単位修得証明書」)
2出身の専門学校が、以下の(1)または(2)のいずれかに該当する者
(1) 専修学校専門課程卒業者で、平成6年文部省告示第84号の規定により、専門士の称号が付与されている
(2) 文部科学大臣が定める基準「修業年限が2年以上で、かつ課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上」であるとともに、試験等により成績の評価を行ない、それに基づいて課程修了の認定を行っている
※卒業までに、当該学科が専門課程の設置認可を受けていなくてはなりません
※ 昭和51年1月(専修学校制度発足)以前の卒業者は、「各種学校」の卒業となり、編入学資格はありません
①卒業証明書
②成績証明書
③編入学資格証明書
(本学所定用紙 巻末「様式10」に必要項目に出身校が記入)
3高等学校等の専攻科の課程を修了した者
※以下の(1)かつ(2)に該当していること
(1)修業年限2年以上
(2)文部科学大臣が定める基準を満たしている
①修了証明書
②成績証明書
③左記(1)かつ(2)を証明する書類
4修業年限4年以上の他大学において2年以上在学(在学見込を含む)し、中途退学した者で、62単位以上修得(修得見込を含む)している者
※在学は休学期間等を含む“在籍”にはあたらない
①在籍期間証明書
(または在籍期間が記載されている「退学証明書」)
②成績証明書
5大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者大学評価・学位授与機構が発行する学位授与証明書

※入学資格を証明する書類は、出願前3ヶ月以内に発行されたものをご提出ください。
※各省庁設置の大学校からの編入学は認められません。

卒業見込でご出願される方へ

・出願資格を証明する書類は、必ず「卒業見込証明書」「成績証明書(出願時点で発行されるもの)」をご提出ください。
・卒業確定後、直ちに「卒業証明書」「成績証明書」をご提出ください。

検定試験等による単位認定制度について

本学の指定する検定試験の結果をもって、本学の開講科目の単位を認定する制度があります。
1 年次入学・3 年次編入学ともに、出願時に必要書類を提出することにより審査の上認定します。
詳細は、カリキュラム案内P.38をご覧ください。

〒120-0023 東京都足立区千住曙町34-12
お問い合わせ:03-5813-2530
(月~金9:00~18:00)

twitter

facebook

youtube

qr

東京未来大学は、日本高等教育評価機構が定める大学評価基準に適合していると認定されました

Copyright © Tokyomirai. All rights reserved.

to-top